資料請求 お問合わせ

看護師向けリーダーシップ研修の内容・事例。リーダーに求められるものとは

病院などの医療機関のスタッフには、様々なスキルが求められます。
スキルアップに向けては、職種の専門性を高める研修、疾患に関する研修、安全に関する研修など様々な取組みが実施されています。

特に看護職に求められるスキルは多岐に渡ります。
その中でも、看護師の「リーダーシップ」「マネジメント」に関するスキルアップには最近注目が集まっています。
ここでは、看護師のリーダーに求められるものを中心に当社で行っている研修の内容などを紹介します。

看護師のリーダーに求められるもの

看護師は現場経験を積み、数年~十数年勤務すると主任に、さらに師長、看護部長、看護局長と役職が上がります。
現場と主任以上の役職者との大きな違いは、マネジメント力です。

現場の看護職に求められるスキルは、日々医療の現場で起きる事象に対応するための専門的な知識や幅広い経験と言えます。
経験によってある程度の柔軟性ができれば、次は対応力や接遇力のスキルアップです。

そして、主任になるとこれまでの個人技とは異なり、複数の現場スタッフを抱えて組織やチームをけん引するリーダーシップが求められます。
このリーダーシップやリーダースキルは、研修を受けるだけで身につくものではありません。
リーダーの経験を積むための時間が必要になります。
しかしながら、現場のスタッフは、リーダーがリーダーらしくなるまで、待ってくれません。
様々な指示や判断を求めてきます。

例えば、患者さんからのクレームへの対応や、看護師の業務に関する判断など、主任になった時点から、いろいろな課題が持ち込まれます。
スタッフ個人の相談役になることが求められる時もあります。

昨日まで現場のスタッフとしてやってきて、ある日言い渡された辞令とともに、いきなりリーダーらしく振舞うことはできません。

では、看護師のリーダーとしてのスキルは十分でなくとも、リーダーとして持つべきマインドとはどのようなものでしょう。

リーダーとしてのマインド

リーダーと現場スタッフとの関係性は、少し前とは変わってきました。
かつては、リーダーは上に立つものと考えられ、上意下達で物事が進んでいました。
しかし、昨今の上下関係は、それでは上手くいきません。
社会環境や家族関係の変化、情報環境の変化などにより、職場の上下間の関係は変わってきました。
それは、医療業界に限らず、企業でも同様のことが言えます。

つまり、昨今のリーダーと現場スタッフとの関係性は、上下関係からフラットな関係性へと変化してきました。
そうした関係性の変化の中で、リーダーに求められるマインドは「一緒に考える姿勢」です。

リーダーが方向性を示し現場がそれに従うという「上意下達の指示系統」に慣れている世代は、現在の「関係性の変化」になかなか対応できない様子を私もよく目にします。
そういう前時代的リーダー観と、現代的感覚の狭間で頭を抱えているのが、現在の中間化理想でしょう。

目指すべきゴールを一緒に考えるということ

一緒に考えるといっても、それは聞き上手になればいいということではありません。
現場スタッフの話に耳を傾けながら、目指すべきゴールを設定することを忘れてはいけません。

目指すべきゴールは、「上からの指示」になってしまっては、今の現場スタッフが動いてくれません。
現場スタッフが自ら考え、自ら設定したものにする必要があります。
そして、そのゴールは組織が目指すゴールイメージと整合性が取れている必要があります。

リーダーはスタッフと一緒に考えながら、組織が目指すゴールとの整合性を視野に入れながら、そのスタッフが目指すべきゴールを明らかにする必要があります。

クレーム対応

例えば、患者さんからのクレーム対応に悩んでいるスタッフがいた場合に、リーダーはそのスタッフのミスに目が行きがちです。
そして、スタッフの悪い部分を指摘し、注意するということをします。
それでは、モチベーションを下げてしまいます。

リーダーはスタッフの話によく耳を傾け、(スタッフのミスが気になっても)建設的に「次に同様のことがあったらどう対応するのがベストか、一緒に考えよう」という姿勢が求められます。
そして、スタッフの成長や褒めるべき行動には、積極的に称賛の声をかけるようにしましょう。

医療の現場は忙しくて落ち着いて話をしている時間がない、なんていう声をよく聞きます。
確かにそうかもしれません。

昼食の時間を利用するとか、面談の時間を定期的に持つなど、そこは工夫が必要です。
社会環境が変わってきたのですから、そこには柔軟な対応が必要です。

研修の内容/費用

美濃市立美濃病院で実際に行ったリーダーシップ研修の内容を紹介しましょう。

研修プログラム
1.病院に求められる価値の向上とは
【講義】選ばれる病院になるために必要なこと
(1) 地域における病院の価値向上の重要性
(2) 病院の価値とは何か
(3) 病院の価値を高める目的

2.目指すべき病院の理想像(ゴール)を設定する
(1) 自院ならではの価値や独自性を発見する
(2) その独自価値を背景に目指すべき姿を描く
(3) 患者さんにどのように喜ばれる病院になるかを想像する

3.ゴールまでのルートを設定する
(1) ゴールに向けて解決するべき院内課題の抽出
(2) 課題解決に向けた具体的施策の企画
(3) 院内施策の推進体制の確立

4.あるべき姿(ゴール)の自分ゴト化
(1) 現場スタッフとのディスカッション
(2) 現場課題の抽出
(3) ゴールに向けた個人の取組みの表明

5.ゴールに向けたアクション
(1) 褒め合う職場環境への取組み
(2) あるべき姿への改善アクション

以上のような取組みを通じて、美濃病院からいただいた声を紹介します。
「組織変革に向けた一体感が生まれた」
「リーダーの役割が見えてきた」
「現場に主体性が高まった」
「仕事が前より楽しくなった」

など。

支援実績はこちら
病院の独自価値をスタッフが主体的に向上させる「美濃市立美濃病院」

まとめ リーダー・幹部のマネジメント研修ならB&Cメディカル

リーダー・幹部のマネジメント研修は、その医療機関の実情に合わせてプログラムを設計する必要があります。
通り一遍の研修は、知識としてのスキルアップは図れても、実際の変化を伴いません。

B&Cメディカルのマネジメント研修は、医療機関へのヒアリングを重ね、顕在化されている課題のみならず潜在化された課題にも目を向け、本質的な組織改善に向けた研修を行います。

マネジメント研修は受講者のスキルアップのみならず、組織の変化を約束します。
まずは、一度ご相談ください。


資料請求

まずは資料をご請求ください。

資料請求

お問い合わせ

ご相談・ご質問は
お問い合わせフォームをご利用ください。

メールでご相談メールでご相談